スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これが小豆島! 

前日は交通手段に冷汗ものでしたが
宿のご主人に穴場のレンタカー屋さんを紹介してもらい
レンタカーをゲットしたので小豆島をサクサクっと怒涛の観光です。

絶対に行きたい~と意気込んでいたエンジェルロードへまっしぐら。


エンジェルロード

1日2回、干潮時に道が現れて砂浜を歩いて渡れます。
や~ん、ここ素敵過ぎる~。こういう自然の神秘は大好きです。

そして世界一狭い海峡としてギネスブックに認定されている土渕海峡

海峡

「せまっ!」と突っ込まずにはいられません。
本当に海峡なのかなぁ。でもギネス認定だし~。(まだ半信半疑)


そして道の駅に立ち寄りオリーブと並んで特産のすももソフトをパクリ。


すももソフト

オリーブソフトも食べたかったのですが
どちらにしようか悩んで食べたすももが甘酸っぱくて爽やかMAX。かなり気に入りました!

小豆島と言えばその代名詞はオリーブですから
もちろんオリーブ園も楽しみのひとつ。


オリーブ園

まるでそこは南欧 地中海にいるようです。
(地中海地域、訪れたことはないけれど、きっとこんな感じ?)


ギリシャ


オリーブと並んで小豆島の特産品の一つである醤油の生産地区を見学しつつ
もちろん映画「二十四の瞳」の撮影場所も行ってきました。

撮影されたセットがレトロな町並みそのままに保存され
各所ショップになっていて楽しめるのですが


映画村

目の前に広がる青い海と青い空にもう釘付けよ~ん。


24の瞳

やー、もう本当にのどかでいい所。

レトロなバスも近くの分教場まで往復で実際に走っていますよ。


バス

そして忘れてはいけないのが小豆島のそうめん。
迷わずお昼はそうめんです。
海沿いに隣接するお店の御麺は海の素晴らしい景色がもれなく付いてくるので
小豆島に行く機会のある方は絶対に行ってほしいくらいです。


そうめん

暑い時期この喉ごし申し分なす!
地元の手延べは思ったより麺が太めです。薄切りのしいたけの佃煮が合う~♪


腹が満たされた後は穴場の酒造(だと思う)森國酒蔵さんに立ち寄り
しっかりお土産の地酒をゲットし、さらには佃煮屋さんで佃煮を買い込み
土庄港から岡山まで高速船に乗って帰路についた次第です。


ままかり

岡山では新幹線まで時間があったので
駅の居酒屋で疲れをほどよく癒してもらい駅弁を買って新幹線で東京へ。

自宅に着いたのは0時近かったのですが
こち蔵もちび太も大運動会大盛り上がり状態で走り回り
ぬか漬けの壷のフタがふっ飛んでいったほど興奮して迎えてくれました。嬉しいなぁ。


スポンサーサイト
[ 2008/07/31 15:06 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(6)

大阪喰い倒れ~小豆島 

前回の続き~。
旅行記ヴァージョンになるとアクセス数が減少する当ブログ。
こちび兄弟を楽しみに訪れてくださっている方には
最近旅行記多くて本当にごめんなさい、すみません。


さて、大阪の朝。
安いモーニングを食べようと探したけれど
魅力的な店が見当たらなかったので


金龍ラーメン

なななんと朝からラーメンです。それも立ち食い(!)
おっとくんが大阪に来ると必ず立ち寄ると言う金龍ラーメン
前の晩から金龍は美味しいとうるさいおっさるので~。
さすがに全部平らげなかったけれど味は美味しかったですよ。


ビリケン

そして通天閣に行ったり


通天閣

大阪城を見学したり


大阪城

アメリカ村をちょこっと散策するなど市内観光するとランチタイム到来♪

ヤパーリ大阪と言えば粉物!
お昼には念願の千房へ行って参りました。


ねぎ焼き

まだ12時を過ぎていなかったにも関わらず満席とのことで
グレードの高い「プレジデント千房」のプレミアムなフロアで
普通の千房の通常メニューを頂けることに。なんてラッキーなんでしょう。


道頓堀焼き

ふわっふわで特製ソースが激ウマ。涙が出そうなほどおいすぃ~。
おっとくんとそれぞれシェアし、ビールと共に完食です。

実は東京にも店舗があったので、東京帰ったらまた行きたいわー。


お腹いっぱいだったのですが
まだたこ焼き食べていない!と無理に買い食いしたその訳は


たこ焼き

姫路まで移動し、フェリーで小豆島まで行く予定があったから。


おりいぶ丸

そして1時間30分後、小豆島福田港に到着しました。
小豆島には数々の港がありますが、この福田港周辺は何もなす。
割と無計画に来たものだから、タクシーもレンタカー屋さんもない。ピンチです。

なんとかバスに乗り込み福田港から別の港までえんやこら1時間・・・。
ちゃんと宿まで辿り付けるのか非常に不安になりましたが
これも旅の醍醐味ってやつですかね。

さらにタクシーに乗り換えて宿に到着~。
本日の宿はおっとくんの会社の保養所であります。


保養所

大きなガラス窓からは目の前に瀬戸内海が!眺望サイコー。

和室+洋室という広さだけでも魅力的なのに1泊¥3500てのは
健康保険組合ってば素敵です。


夕焼け

夕焼けもビューチホー。

そして保養所なのに夕食メニューもなかなかやるではないか。
特に鯛のお刺身なんかは皮が別に焼いてあって
酒飲みのハートをガッチリわしづかみですよ。


夕食

瀬戸内の海の幸豊富で夕食代1500円なり。(飲み代は別だけど原価)
保養所バンザイ!
[ 2008/07/30 18:09 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(8)

大阪攻めてきよったんや 

実は週末に大阪へ行って来ました。


行ってらっしゃい

前日から仕事のため大阪入りしているおっとくんと合流すべく
この歳になって一人で新幹線に乗ることにいささか緊張気味のちぃこ。

やっちゃいました。
新幹線の改札をくぐろうとしたら自動改札がすごい勢いでクローズ。
右から左から駅員さんが二人もこれまたすごい勢いで駆けつけて来ましたよ(//▽//)
特急券を一緒に自動改札に入れずに乗車券のみ入れた結果なんですが
東京駅で人の流れを止めさせない!という意気込みの駅員さんにあっぱれです。

新大阪駅から地下鉄に乗り込んで


グリコ

おっとくんと合流し

串処 銀扇にて串揚げを食べ放題。


串揚げ

大阪は安くて美味しくてたまりませんな。

ちぃこ史上最高20本の串揚げを食べ上げたので
少し歩いて運動しなくちゃと道頓堀界隈を散策。

ちょうどこの日は天神祭が開催されておりましたので
その様子を橋の上から眺めながら手拍子などして盛り上がったりして。


天神祭

そして情緒たっぷりの石畳の狭い法善寺横丁を歩いて夕涼み。


法善寺横丁

ちぃこはこの法善寺横丁の歌は知らないのですが
おっとくんは歌っていました。 出たな、ジェネギャプ。

道頓堀は派手~!って印象ですが
そこからひとつ通りを入った所には全く雰囲気の違う一角となっていましたよ。


水かけ不動の天井


水掛け不動があり、ここだけはミナミの猥雑とした町並みとは違う雰囲気を残しています。





[ 2008/07/29 11:46 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(6)

居場所チェンジ 

お暑い日が続きますのう。


暑中お見舞い

こちくんの散歩はなるべく日陰を選ぶものの
散歩を終えるとさすがにダウンするこちくん。


溶けそうでし


こちび家は午前中はクーラーを入れずに過ごすため
家の中でも比較的涼しい階段下の廊下or玄関が人気スポットです。


早くクーラーを

暑さに強いちび太はリビングで余裕の表情ですよ。


ちび太余裕

そして昼食タイムになるとリビングのクーラーを付けるのですが


クーラーいれたでしゅね

クーラーが苦手のちび太は
クーラーを入れた途端にリビングから出て行きます。

変わってこちくんが待ってましたとばかりに
廊下からリビングへ移動。


極楽


クーラーの活動と共に両者居場所をチェンジ。


涼しいのは苦手

ちび太はと言うとクーラーが効いていない玄関マットの上へ移動。
さすがにこの夏真っ盛りの時期は暑そうにだら~っとしているちび太ですが
どうもクーラーはお嫌いで、だったら暑い方がまだましらしいです。



本日のB級グルメ
チング
大久保 韓国料理チング
ソルロンタンは牛の足の骨や臀部の肉などをを鍋に入れて煮立て
ダシをとったスープに麺が少し入っています。
食べるときには焼き塩やおかず(薬味)で味を整え最後はご飯を入れて食べる。
まろかやでコラーゲンたっぷり、でもスッキリした味は暑い夏にもお薦めです。
平日ランチはこれがワンコイン\500になっておっ得~♪
[ 2008/07/24 20:42 ] こちび | TB(0) | CM(10)

七厘deBBQ 

梅雨が明けて殺人的な暑さだけれども
せっかくの3連休だったので
夕方から庭にてBBQ@七厘を開催しました。


七輪でふく

お外に出してもらえない箱入り息子ちび太は
窓から外を眺めては何かを訴えてきますよ。


ちび太はおうち

一緒に外に出ていたこちくんは
いつもはBBQ食材を欲しがっては
テーブルの周りをうろつくのに今日は大人しめ。暑いからか?


ここ落ち着く


それでも肉を焼き始めた途端に電光石火の速さで起き上がり
気が付けばちぃこの背後に座り込んで背中を手で叩いてくる始末。


和牛中落ち

こち蔵の本日の収穫:和牛中落ち・手羽先・ふぐ一夜干し・鮎一夜干し


キャンドル

すっかり陽も暮れたところで こち蔵は飽きたのか
クーラーが効いた涼しい室内に戻ると言い出しまして


ちびたも出たい

ちび太は「一体いつ出られるのか?」と
窓が開く度にいちいちタイミングを見計らっていたので
おっとくん抱っこで外出許可。

すごいねぇ、ちび太くん。

何がすごいって


まゆげボー

まゆげがご立派。
ライトのせいか。

んでもって、ちび太が外に出ると
室内に入ったばかりのこち蔵がやっぱり外へ出ると言い出します。


ちゅっちゅ


おっとくんの身長は176cmなのですが
こうやって見ると、こちくんでかいなぁ。(ちび太もでかいんだけど・・・)
もはや中型犬の域を超えているのかなぁ。
でもわんこホテルとかで大型犬て言うと値段があがるので
あくまでもギリギリ中型犬ってことで。
[ 2008/07/22 16:15 ] こちび | TB(0) | CM(11)

欲しがり兄さん 

下関は唐戸市場から送った宅急便が届いたのであります。


これは何

それはとらふぐの皮ですよ。
ちぃこ夫婦が旅行している間
こちび兄弟の面倒を見ていてくれた父ちゃん・母ちゃんにお礼を込めて
唐戸市場でふくセットを東京へも送る手配をしてあったのです。


料理

家族みんなで下関直送を頂くってわけです。

偵察にきたちび太はちょっとだけ匂いをかいで


猫草

大人しく猫草へ移動。

その一方で、やさぐれているのが…


俺様は遊んでるから

呪われそうな視線でおもちゃを持ってきましたよ。

するとすぐにおもちゃを献上。


物々交換

こちくんにめっぽう弱いおっとくんが
ちょこっとだけれども唐揚げをお裾そ分けしてくれたので

すぐに呼ばれてマテの姿勢のこちくんからは


よだれ

よだれが溢れ出てくるので早々にヨシ!


にいたんずるい

ちび太が反応しましたが、あげても食べないでしょ、ちみは。

こち蔵兄さんはこの後
ボールを持ってきたり、うちわなどの賄賂を持ってきたりして
ふく雑炊までゲットに成功しておりました。




[ 2008/07/20 16:54 ] こちび | TB(0) | CM(7)

門司港 素敵レトロ 

下関の朝を迎え、いよいよ旅行も最終日。

ホテルにもれなく付いてきた朝食を食べずに唐戸市場へレッツラホイ♪
おっとくんは市場が大好き。市場をこよなく愛する男、おっとくん。


唐戸市場

朝食を食べずに市場へきたその訳は、市場で朝食を頂きたかったから。
やっちゃいました、うに丼まさかの2日連続。それも朝から・・・。
でもこの新鮮なうに丼がナント980円。安いもんである。


市場朝食
シェアして完食ざます。

さて、この後は関門海峡を渡る予定。
どうしてもその関門海峡を歩いて渡りたいという願望があったので
(犬連れバックパッカー シェルパ斉藤さんの本の中に
愛犬と歩いたエピソードがあるので、同じ場所を通ってみたかった。)

地下道トンネル入口の駐車場に車を止めておいて


関門海峡

わざわざ歩いて県境を越えました!

福岡に到着

さらに門司港に向かって、てくてくてくてく。


門司港レトロ

門司と言えばバナナのたたき売り発祥の地なので
暑くてクタクタだったことも手伝って


ばなちゃんジュース

普段は手を出さないであろうバナナのジュースで小休止。
バニラビーンスがたっぷりでほどよい甘さ。疲れた体に効く~。

そして門司港ご当地グルメと言えば焼カレーですよ。
焼カレーのお店はたくさんあるので迷いに迷って
鉄板を使用しているところに惹かれて Cafe ベル に決定。


焼きカレー

ここにしてよかったぁ~と、心底思うほど美味。
洋食屋さんをやっているお店なのでコクのあるカレーがベースで激ウマ。
こんがりチーズと鉄板でできたおこげのコラボにもう夢中。


門司港駅
駅舎もレトロ!

門司港界隈は歴史ある洋館が点在していて、写真を全部紹介したいほど
そのレトロな町並みがとても目を楽しませてくれるのですが
・・・・・なんと言っても暑い。


わんこ

遊びに来ているわんこたちもゼーハーしてますよ。

歩きすぎて足が痛い、そして疲労困憊なちぃこ。
帰りは下関まで関門連絡線を利用です。


帰りはフェリーで

そして赤間神社にて旅行の安全を感謝し


神社

一路、ガラガラの中国自動車道で空港へ。

フライトまでまだ時間があったので
空港のレストランでビールと刺しかまを注文したら


かまぼこ

山口のかまぼこって、すんごい弾力。コシ最強。


机上の人
また翼付近の座席だった。



今回の旅行はおっとくんvsちぃこのバトルもなく奇跡!
買ってきたお土産は旅発つ前の荷物が2倍になるほど買い込んだので
とても撮影できず割愛です。

~終~


[ 2008/07/18 14:40 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(8)

萩~はるばる下関 

3日目は萩からスタートぉ~。

朝の露天風呂で気分もスッキリ。
朝食会場は3方向を海に囲まれた部屋なので、そこはまるで船の中のよう~。


朝食

朝からイカのお刺身とかあって豪華絢爛。
う…嬉しい。朝から食欲旺盛です。

宿をチェックアウトしたあとは道の駅し~ま~とで買い物したり
道中、萩焼を買ったりして青海島へ到着~。

青海島は観光船に乗って周遊できるのですよ。
一見ただの島に見えるのですが、島の裏側まで回ると


青海島

日本海の荒波に揉まれた絶壁の景勝地になっていて洞窟なども多数!


青の洞窟

そのうえ洞窟の中まで船を進めてくれるので
青の洞窟みたいで、なにこれ、楽しい~。

昼食はと言うと仙崎漁港のすぐ近くのき楽

生うに丼と


うに丼


活イカ膳に舌鼓♪
色んな味が食べたいので基本的におっとくんとちぃこはシェアして食べます。


活イカ定食

新鮮で透明のいか刺しは甘くて文句なし!
まだピチピチと動いているゲソは後で天ぷらにしてくれ、これがまたサイコー。


そして日本最大級の鍾乳洞 秋芳洞


秋芳洞

神秘的な自然の造形物に感動。

スケールがでかいのなんの。
それにここ涼しくて真夏の観光地としては最適です。
もう外に出たくないわー。

でも出ます。カルスト台地の秋吉台を見なくては。


秋吉台

秋吉台の大自然を存分に楽しんだあとは


下関

は~るばっる きったぜ~ 下関~!
フグちゃん会いたかったよ~

フグのその前に、複合モールのカモンワーフに立ち寄って


ソフトクリーム

まるでフルーツのように甘いという垢田トマトを凍らせて
バニラと合わせて作るソフトクリームをパクリ。これがまたいける!

そして、ヤパーリ下関と言えばフグですよ、ふ・ぐ。
こちらでは縁起をかついで「ふく」と呼ばれるふぐ。


ふく刺し

奮発して魯山亭にて素敵フルコースです。


魯山亭

ふぐのコースは最後の雑炊を食べるために食べている
と言っても過言ではないくらい雑炊がたまらなく美味しい~。
もう満腹。酒も飲めないずら。


夜景

海沿いの道をてくてく歩きながらホテルまで帰りました。

しつこいようだけど旅行記 まだ続く…。


[ 2008/07/17 14:20 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(6)

ゆこゆこ錦帯橋~萩 

旅行2日目は朝食を軽く済ませて
原爆ドーム&平和記念資料館を訪れました。
原爆ドームは胸にこみ上げるものがあり目が潤みました…。


原爆ドーム昼


戦争の無意味さ、原爆の恐ろしさを改めて実感し
また原爆がいかに一瞬にして全てを焼き尽くした・・・と言うより
瞬間的に消し去ったという表現が合っているように思いました。


平和の塔


「良い戦争はなく、悪い平和はない」
平和な世界を心から願います。


さてさて、平和記念資料館を見たら食欲などなくなると思っていたのに
きちんとお昼には腹の虫が騒ぎ始め・・・・・・は、恥ずかしいっ。


お好み焼き


「へんくつ屋」にて広島風お好み焼を食べました。
広島風と言えば焼きそば入りですが
聞くところによると、うどん入りってのもメジャーなんですって。
・・・て、これがまたモチモチして美味しかったんですわ。
また薄皮もモチモチしていてソースが甘めで◎。☆3つデス!


そしてレンタカーで錦帯橋(山口県)へ。

サザエさんのエンディングを見る度に
一度はこの目で見てみたいとは思っていましたが
錦帯橋・・・でけぇ。


錦帯橋


カイパパさん 行ってきましたよー。す~っごくいいところでした。


錦帯橋を渡ったところにある神社では出会いが。


にゃんこおいでませ


写真を撮っていたら警戒なく早足でこちらへやってきて
足元へスリスリ、スリスリ、すり寄ってきた。か、かわいいっ。
脳内ちび太値が危険数値になっていたので思いきり撫でさせてもらいました。

白ヘビの館なるものも・・・。


白ヘビ


ぎょぇ~。キモイ~。
でも縁起がいいものらしい。
おっとくんは写真を現像して財布に入れておくと言っていました。

ロープウェーで岩国城にも立ち寄ってみましたよ。


岩国城


とても小さい城址なのですが景色は爽快。


続いて車でビュ~ンと萩まで。
今夜は萩に宿泊です。


夕景の宿 萩小町


夕景の宿 海のゆりかご萩小町は部屋から手が届きそうなほど近くに日本海が望め
露天風呂や岩盤浴などの施設が充実しています。
時間がなくって岩盤浴はできなかったけれど
食事前に露天風呂に浸かり、おっとくんは整体カイロプラクティックを
ちぃこはエステのアロママッサージをしてもらって気持ちよかったわぁ。

そしてお楽しみの和風会席風の食事。
料金の+15%増しで部屋出しにしてもらえるのです。


夕食


日本海の海の幸、ブラボー。
特に鰆のタタキのジュレがサイコー。

温かいものは時間を見計らって運んできてくれるという心配りがまた嬉しい。


3品


寝る前にまた温泉に入って
イカ漁の漁り火が灯る日本海を眺めながら涼んで夢の中へ・・・。

明日へ続く。
[ 2008/07/16 15:00 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(5)

ばんざい広島カキづくし 

いい旅夢気分~。
♪ちゃらっ♪ちゃっららら♪ちゃ~ら~ら~

行って来ました。中国地方食い倒れの旅。

JAL.jpg


てなわけで7/10に広島めがけて機上の人となったちぃこです。
いつも飛行機の翼付近の座席になるのは、激安ツアーで行くからなのか?

ちぃこ初上陸の中国地方に到着し
電車にゆられて宮島口を目指します。

もちろんお目当ては 安芸の宮島 厳島神社 なのですが
フェリーに乗り換える前に あなごめし うえの で あなご弁当をゲットし
暑いのでフェリー乗り場近くのCafeでジェラードまで食べちゃったりして。


ジェラード


人気№1と№2のフレーバーだけあって、どちらもグッテイストです。


鹿さん


念願の宮島に到着したところで
これまた念願の焼きガキを早速頂いちゃいました。


焼きガキ


うま~。これをビールで流し込むために
レンタカーじゃなくて電車移動にしただけあったねぇ?おっとくん。
(運転手は常におっとくん、ちぃこは免許持ってませんの~。)


大鳥居


そして厳島神社の大鳥居を眺めながら


あなご弁当


先ほどあらかじめ買い求めてあった あなご弁当を いっただっきまーす。
ここのあなご弁当、料理評論家の山本益博氏が太鼓判を押すだけあって
あなごとご飯の相性が抜群に出来上がってますよ。
ご飯にも出汁の味付けがしてあり手が込んでます。


厳島神社


しかしこの時期の旅行は暑いの、なんの。
しばらく厳島神社の歴史にふれながら観光を満喫すると体力消耗MAX。
涼を求めてお店の中に入り、ビールと焼きガキをまた食べちゃいました。

その後はフェリー&市電で広島市内まで戻ってホテルでしばし休憩。ふぅ~。


夕飯はかねてから行きたいと願っていた かき船 かなわ へ行って参りました。
川に浮かんだ船がお店になっているので夕暮れの雰囲気を情緒たっぷり味わえます。


かなわ



ここから怒涛のカキ&地酒フルコース。
(空腹時のご利用は十分にご注意ください。)


フレッシュオイスター


フレッシュオイスター  ミルク部分が期待以上にとろける~。
      

酢ガキ


酢ガキ  お酢が酸っぱ過ぎず、ほどよい酸味が小ぶりのカキに絡まります。


焼きガキ2


焼きガキ  まだ喰うか!って感じだけど香ばしくておいすぃ~。


酒1


手始めに日本酒は地酒の賀茂鶴 特別純米をチョイス。


グラタン


カキとりんごのグラタン  器となっている焼リンゴとカキやしめじが
                ホワイトソースとこんがりチーズと出会ってノックアウト。


酒2


かなわ専用に作られた地酒 華宵   カキの風味を一層引き立てます。


土手鍋


カキの土手鍋  濃過ぎない八丁味噌が上品で飽きのこない美味しさ。


塩辛とうどん


カキの塩辛 と 土手鍋の締めは うどん で。


酒3


香りがあってスッキリした辛口の地酒を所望したところ
女将さんが厳選してくれた「雨後の月」(広島)と「五橋」(山口)。 


鯛釜めし


鯛釜めし  鯛の旨味がぎっしり


今週が誕生日だったと言ったら
おみやげに地酒華宵とお猪口のセットを持たせてくれました。や~ん、泣けちゃう。
ありがとう!かなわさん!!大大大満足です。


原爆ドーム



そして広島の夜は更け
明日に続く…。




[ 2008/07/15 13:55 ] 旅行withoutこちび | TB(0) | CM(5)

ゴールデン週間 

私ごとですが7月7日はおっとくん&ちぃこの結婚記念日でしたので
嬉しいことにNZ在住の姉からお祝いが届きました。ぐふ。


ティファニー


お酒をこよなく愛す私たちにとってなにより嬉しいペアグラス。
優しいお姉さんです。大切に使いますね。ありがとう~。


そして可愛い可愛いこちくんと


こち蔵は知っている


と~っても可愛いちーちゃん


当然ちび太


が、いればもうこれ以上望むものはないはずなのですが
せっかく記念日なので外食です。銀座のシシリアにて。

ここからは酒&食べ物が続きます。
お食事前の方、決して嫌がらせではないですYO!
(そしてコンデジなので画像が悪め)


シャブリ


シャブリで乾杯したあとは
(あ、この前にビールも飲んでたWA)
レタスときゅうりのみのグリーンサラダ。ドレッシングが激ウマなのです。


グリーンサラダ


続いて超超超うす焼きのピッツァ~×2。


ピッツァ


トマトソースとチーズが絶妙で思わずうなる美味さ!
やめられない、とまらない、です。
これを食べるためにやってきたと言っても過言ではあるまいて。

そしてB級グルメの上位に必ずといって君臨なさるTHEナポリタン。


ナポリタン


シシリアのナポリタンは甘みがあって濃厚で
ちぃこ的には世界一美味しいと思っています。
(ま、こういったナポリタンは日本のみのものですが・・・。)

途中からワインはマルケス・デ・リスカル(スペイン・赤)を堪能~。


赤ワイン



そして今日はちぃこの3X歳の誕生日でして
いい歳して母ちゃんにお赤飯を焚いてもらっている厚かましい30代。
さらに10日からは誕生日旅行と称して広島方面へ旅立ちます。

なわけで今週はゴールデン週間かと。
次回は来週に旅行の様子を更新したいと思います~。

[ 2008/07/08 17:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

真夏日きたり! 

本日のお散歩は涼しげな大宮八幡宮にやって参りましたよ。
七夕飾りがまた風流です~。


大宮八幡宮


そんな涼しげな神社にやってきたその訳は…


水を


昨日からこちび地方は


真夏日


そのうえ休日なのでゆっくり寝てしまったため
こちくんの散歩スタートが10:30と遅くなってしまったのですよ。
すっかり太陽が高い位置に昇ってしまい、カンカン照りです。こちくんゴメンネ。

しかし、念願の水分補給もしてサポート万全。


ぴちゃぴちゃ


そして、おうちに帰るといつもあまり動かないちび太が


じっとしてる


いつも以上に動きません。

アジア特有のムシッとしたこの暑さには参るわ~。


たたき


散歩を終えたこち蔵は早速こちび家の中で一番涼しい
玄関のタタキの上で休息タタキ族に変身。
夕方の散歩は遅めに行くとしような。




本日のB級グルメ
 ~暑い日には~
雪花冰
吉祥寺 雪花冰
香港生まれの冷たいスウィーツです。
アイスクリームの塊のようなものをカキ氷を作るように
機械でシャキシャキとフワフワに削ったあと
キャラメルソースと練乳をかけたもの。
アイスクリームでもないカキ氷でもない食感であま~い。
[ 2008/07/05 14:53 ] お散歩 | TB(0) | CM(12)

ヒモより何より毛づくろい 

デジイチを買ってからと言うものの
予想はしていたけれど関連商品が何かと必要だわ~と考える日が続き
ついに買っちゃいました。カメラバッグと単焦点レンズっっっ。


クランプラー


カメラバッグのメーカーはクランプラー社というオーストラリアのもので
自転車便メッセンジャー達によって「欲しくて売ってないものは作る」をモットーに
設立された会社なのですが機能的なだけでなくデザインも優れもの♪
またマークが可愛いのだ!

さっそく単焦点レンズを試し撮りしよーっと
ちぃこのデスク椅子の下に隠れていたちび太をパパラッチですよ。


にゃんだこれ


それは椅子に敷いてあるクッションに付いているヒモです。


にゃんだお前


そのヒモに興味を示したちび太くん。
おっと、これはいい画が撮れそうな予感がひしひし・・・・と思いきや


毛づくろい


あまりヒモには食いつかず残念。なんだぜー。


右手もニャ


簡単と言われている単焦点レンズの使い方はまだ慣れません。
しかし夕方の時間帯の室内でフラッシュを焚かずに
ここまで明るく撮れるということは証明されたのではないかと思います。
[ 2008/07/03 21:05 ] ちび太 | TB(0) | CM(6)

こちび相撲 

お庭のアガパンサスが綺麗に咲きました。
じめじめした梅雨時期に何とも涼しげで大好きな花のひとつです。


アガパンサス



さて、こちび家和室フロアーでは相撲大会が開催中。


見合って


満を持して…


はっけよい



のこった



のこったのこった


はっちゃけるちび太と対照的に堂々と構えっ放しのこち蔵。
両者の温度差ありすぎです。てか体格の差があり過ぎ?


びくともしない



ちび太は根性出して奮闘しておりますが
どうやら この勝負、こち蔵兄さんの勝ちのようです。


おまけ
鍵
京都で西陣織の技法をアートにしているという
おっとくんの知人が東京にイベントでやってきたので
鍵にアートを施して頂きました。特許らしいです。

[ 2008/07/02 14:17 ] こちび | TB(0) | CM(8)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。