スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名物塩おでんと地鶏の店 とく一  

呑み喰いのこととなると実にまめな男、夫くん。
仕事帰りの待ち合わせで、私を待っている間の時間を利用し
街を散策して美味しそうなお店を探し回っていることも多い。

そんな夫くんが今回発見したお店がコチラ。
醤油を一切使用していない「塩おでん」のお店。


とく一-1


特別仕入れの岩塩と鶏ガラ、海産物で煮出しただし汁が開店以来注ぎ足され
最初は塩をやや強めに感じるのですが、食べているうちに病みつきに。
夏限定の冷やしトマト塩おでんに、フォアグラのような白レバー
どれも美味しくて地酒も豊富ときてます。

黒龍が本日仕入なしとのことで手取川を注文したのだが
なんと一合400円という。都内にしてこの安さはオドロキ!


とく一-2


吟醸の豊かな香りが特に美味しくて連続おかわりしたのが
純米吟醸酒の鼎(かなえ)長野県。600円。お気に入りです。

白はまぐり焼きに秋田の厳選大豆と沖縄のにがりを使用した自家製豆富。
とうふのふが腐じゃなくて富なのがなんかいい感じ。
最後は稲庭うどんで締めて大満足でした。



[ 2009/07/03 14:27 ] 美味食べ歩き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。